無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
あずみ

   女性を主人公にしたアクション・格闘漫画はこれまで敬遠することが多かったのですが、この「あずみ」は、全48巻というとてつもなく長期連載作品であることと、実写映画化されたこともあり、以前から気になっていました。

   物語は、徳川幕府初期の話で、まだ内乱が続く不安定な時代でした。そんな中、徳川家康に仕える南光坊天界の命を受けて、爺こと小幡月斎が手塩にかけて育てた子供たちが、天下平定の為、幕府の抵抗勢力を次々と暗殺していく話です。

   あずみはその暗殺集団でもずば抜けているのですが、まだ世の中のことを何も知らない子供であったため、人を殺すことの儚さ、人を愛することの素晴らしさ、人の裏切りや争いをする醜さなどを経験し、苦悩とともに成長していく様を描いています。

   あずみは外国人の混血で目が青く、周りの誰もが惚れてしまうほど美しい少女です。しかも、そんな女の子が次々と剣豪たちを薙ぎ倒してしまうのですから爽快です。

   巻を重ねるたびに大人への女性へと成長していく姿が垣間見え、女性としての恥じらいも覚えていきます。時折ヌード姿を作品中で披露するが、変ないやらしさは無く、純粋に綺麗だなあと思いました。

   あずみを取り巻く周りの人間たちは、次々と変わっていくのですが、キャラクターやストーリー設定もしっかりとしているので、一度読み出したら止まりません!

   48巻もあるので、十分に読み応えがあります。「あずみ」はあくまで第一部として終了しただけで、第二部は「AZUMIとして連載がスタートしているので、こちらも今後目が離せません。

| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
センゴク

   この漫画は、日本の戦国時代を描いた歴史漫画で、織田信長が覇権に向かって突き進んでいく話になっています。

   主人公は、豊臣秀吉に使えた武将「仙石秀久」で、決してメジャーな武将ではありませんが、日本史上最も失敗し、挽回した武将だそうで、実直で憎めないキャラクターです。

   どうやらこの作品のタイトル「センゴク」は、主人公の苗字と戦国時代をかけているようです。

   豊臣秀吉は百姓からの叩き上げで頂点へ登り詰めたことで有名ですが、この主人公も異例の速さの出世を遂げた人物のようで、捕虜からの叩き上げというのもとても興味深く親近感が沸きます。

   最初は画が少年漫画っぽく小奇麗だったので、あまり迫力にかけるのかなあと思いましたが、そこそこ残虐なシーンやエロティックな描写もあり、青年向けコミックとして十分読むことができます。

   この作品の最も面白いのが、作者がちゃんと合戦のあった現地に出向いて検証している点です。当然のことながら、作品は昔の書物や資料から引用して作られている訳ですが、それを鵜呑みにしないで定説に疑問がある場合は、独自の視点でちゃんと解説している部分が、より一層興味を掻き立てます。

   この「センゴク」で1部終了となりましたが、武田信玄との天下分け目の戦から「センゴク天正記」として2部の連載がはじまっていますので、これからも目の離せない作品になりそうです。

| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブッダ

   以前紹介した「アドルフに告ぐ」で、遅ればせながらも手塚治虫先生に深い感銘を受けた私が、兄貴の受け売りで次に読んだ作品が「ブッダ」でした。

   作品のタイトル通り、仏教をテーマにした作品になっており、無宗教である私にはとても取っ付きにくい印象があったのですが、読み始めるとものすごい勢いで読み進めていったのを覚えています。

   実際に数多くの作品を手掛ける手塚氏が11年にも及んで執筆をした作品だけあり、物語に出てくる登場人物や壮大なスケールに発展していく内容には驚かされます。

   要は仏教が広く知れ渡っていくまでの過程を描いている訳ですが、その歴史は仏教の教えと矛盾するかのように多くの争いを招いた歴史でもありました。本作品では、多くの人々が犠牲になった歴史を、時には残虐な描写を用いて人間の卑しさを表現しています。

   無宗教である私自身も、宗教という存在の在り方について考えさせられた作品です。過去の歴史においても、仏教だけに限らず宗教は常に人々に争いをもたらしてきました。

   たとえ同じ宗教に属していても、その教えの解釈の違いから派閥が分かれ、自分たちの主張する解釈以外は認めずに宗教戦争に発展するということを人間はずっと繰り返してきた訳です。現代においてもそれは変わりありません。イスラエルとパレスチナは、ユダヤ教とイスラム教が互いに譲り合わず酷い惨劇を招いています。

   それぞれの宗教の教えはとてもすばらしいもので、それが人々の支えとなってきたのは間違いないと思いますが、それが同時に世界の多くの人々の平和を奪い去っていったということも事実です。私はこの作品「ブッダ」を読んでそんなことを強く感じました。

↓漫画レビューに関連する人気サイトはこちら↓
  
| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Y十M 〜柳生忍法帖〜

   せがわまさき氏の作品は、「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」のレビューで以前触れましたが、この作品「Y十M 〜柳生忍法帖〜」もフィクション歴史小説を原作にマンガ化されています。

   今回は、主人公をあの柳生十兵衛を中心に、実在した歴史上の人物も交えて物語は進んで行きます。準主役として、武家の子女7人が登場するのですが、これまた作者の思惑通りというか全員がタイプの異なる美女軍団であり、お色気シーンが盛りだくさんです。

   色っぽいタイプから、ロリっぽいタイプ、体育会系タイプ、清楚なタイプなどのバラエティに富んだセクシーショットを楽しめます。人間離れしたアクションも満載で、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」は「バジリスク ?甲賀忍法帖?」とはまた違ったタイプの歴史アクション漫画です。

↓漫画レビューに関連する人気サイトはこちら↓
  
| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バジリスク―甲賀忍法帖
評価:
山田 風太郎,せがわ まさき
講談社
¥ 560
(2003-05-02)
   タイトルだけを見ると本格的な歴史漫画のように見受けられるが、ページをめくると画のタッチがそういうものでは無いことがすぐに伺えます。ストーリー設定は極めてシンプルで、歴史上に実在する人物も登場し、甲賀忍者と伊賀忍者がそれぞれの忍術と誇りを書けて格闘するというアクション漫画に仕上がっています。

   バジリスクという聞きなれない単語がタイトルにされているので、調べてみたら古代ローマの時代より信じられていた空想上の怪物だそうです。ギリシア語では王の意味があり、この生物はヘビの王で、見ただけで死をもたらす力を持つと思われていたそうです。なんか“蛇に睨まれた蛙”みたいですが、漫画を読むとその意味も分かります。

   さて、本題のマンガの中身ではありますが、シンプルなストーリー設定の割には、軽快に対決が進んでいき次々と読み進めることができます。登場人物も人間離れしたかなり濃いキャラで固められているのですが、独創的な描写には好みが分かれるかもしれません。ただ、画は独特ではあるものの十分にうまいと思います。決してリアリティのある画では無いのですが、女性を美しく描くことはとても上手く、かなり頻繁に出てくるエッチな描写を眺めるのも楽しいです。登場する忍者から繰り出される忍術も現実離れしていますが、歴史SFアクション漫画として割り切って楽しめる作品です。

↓漫画に関連する人気サイトはこちら↓
  
| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蒼天航路
評価:
李 学仁,王欣太
講談社
¥ 777
(2000-12)
   以前、横山光輝氏の「三国志」をご紹介しましたが、今回も三国志を描いた歴史漫画「蒼天航路」をご紹介します。こちらは原作の李學仁と漫画家の王欣太による作品ですが、横山氏の「三国志」が表の三国志とすれば、この「蒼天航路」は裏の三国志という風に私の中で位置づけられています。その理由は、主人公が蜀の劉備元徳ではなく、魏の曹操となっていることです。

   曹操は、劉備の宿敵として立ちはだかる存在ですが、人徳を重んじる劉備とは対極に、その冷徹さから悪役として取り上げられることも多い人物です。そんな曹操を物語の主役として進んでいくところが、もう1つの三国志を見ているようでとても面白いです。また、絵がとても独特で、登場人物の容姿は初めは奇妙に感じられるかもしれませんが、読み進めていくうちに自然に慣れていきます。また、登場してくる武将たちの見にまとっている甲冑や武器などもとても独創的で、視覚的にもとても楽しませてくれる作品に仕上がっています。

   内容も本当によくまとめ上げられていて、冷徹で絶大なカリスマ性を誇った曹操の内面的な描写もあり、とても興味深いマンガです。あくまで作者風に解釈した曹操像を描いているのですが、三国時代は1700年以上も前の話なので、それはどんな歴史学者にとっても文献にあること以外は分からない訳で、いろいろな解釈があって、またそれを読む側としてもそれぞれの思いを馳せて想像するのが楽しいのだと思います。

↓漫画に関連する人気サイトはこちら↓
  
| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三国志
評価:
横山 光輝
潮出版社
¥ 680
(1997-11)
   横山光輝氏によって描かれた「三国志」は、誰もが認める名作中の名作です。一応、三国志というものを知らない方のために、簡単な説明をさせていただきます。三国志は中国の後漢末期から三国時代にかけて、魏・呉・蜀の三国が中国大陸統一をかけて争った時代のことが記されている歴史書であり、これを元に漫画だけでなく、小説、テレビ、映画、ゲームなどが無数に存在します。横山光輝氏による漫画版の「三国志」は、横山氏の解釈によって描かれた壮大なスケールの歴史漫画なのです。

   まず、単行本が60巻まであるというところで、度肝を抜かれてしまいます。元々私は歴史に興味が無く、どちらかというと苦手な分野だったので、この漫画の存在は知っていたものの、全く読む気にはなれませんでした。それが、ある日私の兄が全巻持っていることを知り、ちょうどその頃会社を転職したばかりで、会社まで片道1時間の電車通勤に飽き飽きしていたころでしたので、兄の強い勧めもあり読んでみることにしました。

   読み始めてまずびっくりしたのが、登場人物の多さです。三国の長である曹操・孫権・劉備といった名前を知るのも初めてでしたが、それぞれに仕える家臣の数も膨大で覚え切れませんでした。しかもそれぞれの主要の登場人物において人格、特技、趣向といったものが事細かに設定されていて、物語のとても重要な役割を担っており、また複雑な人間関係が折り重なるようにして壮大な物語が進んでいきます。蜀の劉備とその義兄弟である関羽と張飛を中心に物語が描かれているのですが、蜀の諸葛亮・龐統・朝雲・黄忠・馬超・魏延・馬良、魏の曹丕・荀・司馬懿・夏侯惇・夏侯淵・典韋、呉の張昭・周瑜・魯粛・陸遜・甘寧・呂蒙・諸葛瑾と中心人物だけあげてもキリが無いほど膨大な情報量を見事に物語にされているのです。

   魏・呉・蜀のそれぞれの戦略に基づいて軍師・武将といった登場人物が織り成すそれぞれのストーリーが同時進行で進んでいくところが見所なのですが、少し経ってしまうと忘れてしまいそうになったり、混乱してしまうこともあり、頭を整理しながら読み進めていきました。ただ、決して小難しい歴史本ではないので、飽きるどころか次へ次へと読み進めたいという欲求に駆られるほど面白かったです。私は毎日毎日約2ヶ月間かけて、通勤時間をつかって読破したのですが、本当にこの時は通勤中は退屈せずに電車通勤が楽しくなったほどです。また、いつかは読み返したい作品ではありますが、さすがに60巻もあるとなると、それなりに時間が必要ですし、現在は自転車通勤をしているので先の話になりそうです。
| manga0 | 歴史・伝記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キャッシング