無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
彼女を守る51の方法
評価:
古屋 兎丸
新潮社
¥ 530
(2006-09-09)

   依然として、ハイチの救助・支援活動は、困難を極めているようですが、早く復興して欲しいと根が手居ます。

   我々が住んでいる日本も地震大国な訳で、いつあのような大地震に見舞われるのか全く予測できないという中で日々生活をしています。

   そこで、今日レビューをする「彼女を守る51の方法」は、将来起こりうる関東大地震をシュミレーションしたパニック漫画です。前から気にはなっていましたが、この手のマンガを見て不安になるのも嫌だったので、読むのを避けていました。

   実際に読み始めてみると、画は巧いのですが、それほどグロテスクでもなく読みやすい作品になっています。ただし、大震災を想定したものとしては、リアルな内容になっており、以前テレビのシュミレーションした特番で見たようなシーンがいくつも出てきましたので、しっかりと研究・取材した上で書いているということが分かりました。

   また、ただ単に大地震の被害状況を画で伝えるだけではなく、震災に遭遇した群集心理や犯罪・暴動なども描いており、そこの部分が最も興味深かったです。

| manga0 | 自然・動物 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
サバイバル
評価:
さいとう たかを
リイド社
¥ 600
(2001-06)

    昨今、世界中で環境破壊や地球温暖化による自然災害が騒がれていますが、ハイチでも大地震に見舞われたばかりです。まさにそれを警告するような内容の漫画「サバイバル」を読みましたので、レビューに書きたいと思います。

   あらすじとしては、主人公である中学生の少年が、ある日地球が天変地異を起こすほどの大地震に見舞われてしまい、家族と離れ離れになってしまっても、1人たくましく生き抜いていく姿が描かれています。

   本来の単行本は、10巻完結となっているのですが、私が呼んだのはワイド版で6巻でまとまっているものでした。ワイド版は1巻がめちゃくちゃ分厚いので、マンガを持っている手が疲れてしまうほど重かったです。。。当然、読み応えがあり、1巻読み終えるのに2時間以上はかかりましたが、物語のテンポが良く、次々と色々なことが起こるので、時間が経つのを忘れ没頭してしまうほどです。

   物に溢れ、何不自由なく育った少年が、1人生き抜いて行く過程で、所々にとても為になるサバイバル術がぎっしり詰まっているのが、この作品の一番の見所です!いざ自分自身がこのような災害に直面した時のために、とても参考になる豊富な豆知識はバイブルにして手元に持っておきたいぐらいです。

   画が若干古さを感じるので、いつに描かれた作品なのか気になって調べたところ、何と!1976年〜1978年にかけて「週刊少年サンデー」で連載されていたそうです。自然災害が騒がれる今であれば、このような作品が出てくるのは分かる気がするんどえすが、33年も前に作品を通じて警報を鳴らしていたとは、よほど先見の明がある作者だったのだなあと思いました。

   そこで作者のさいとう たかを氏について調べてみると、あの「ゴルゴ13」の著者でしたね。。。大変失礼いたしました。今回この作品を読んで思ったことは、どんなに画が古めかしくても、面白い作品は何年経っても決して色褪せること無く、面白いままなんだなあと感じました。

| manga0 | 自然・動物 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キャッシング