無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
KUROZUKA-黒塚-

   この作品は、漫画喫茶で長時間滞在したときに、読むマンガが無くなってふと手に取って読んでみたのですが当たりでしたので、レビューに取り上げました。

   それまでは作品名や漫画家も聞いたことはありませんでしたが、どうやら能の演目で「黒塚」という原作が存在し、それをかなり漫画風にアレンジしたのがこの作品のようです。

   物語のスタートは鎌倉時代から始まるので、時代劇にSF要素を付け足した漫画なのかと思いきや、時代が室町、戦国、江戸、大正、明治、昭和、しまいには平成から近未来へと移りゆくので、良い意味で期待を裏切られました。ちなみに、カテゴリーは、SFアクションになります。

   次々と時代が変わっていくストーリー展開がこの作品の大きな見所です。それでいて、時代を跨いでも主要人物がしっかりと描かれており、キャラクターの設定がしっかりとしているなあと思いました。

   また、線が細いタッチの画が印象的でしたが、とても細かい描写までしっかりと描かれていて、かつアクションシーンもスピード感溢れる画になっています。

   作品中には、頻繁ではありませんが、しっかりエロ要素もカバーされており、特に後半あたりに登場する官能シーンは必見で、かなり自分的には興奮してしまいました。。。

   この作品を読み終え、アクションやSFの要素よりも、根底的な部分ではラブストーリーの要素の方が強いなあという印象を受けました。

   最後の最後で初めからのストーリーがしっかりと繋がる緻密さは本当に見事で、やられたーと素直に感じました。

| manga0 | SF・ファンタジー | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://manga0.jugem.jp/trackback/498
キャッシング