無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ヒミズ
評価:
古谷 実
講談社
¥ 530
(2001-07)
   この漫画「ヒミズ」を手に取ったきっかけは、表紙の画が何か気になったことからでした。悲壮感漂う少年が描かれており、当時リアリティのある作品を読みたいとマンガを探していた私に、読む気にさせるほどの説得力が表紙の画にはありました。

   あらすじは、父と母に見捨てられた中学生の話で、学校にも行かずボートハウスでたった1人で生活する少年の心情を綴ったマンガです。少し前にお笑い芸人によって執筆された自伝「ホームレス中学生」と被るようなストーリー設定ですが、この漫画には希望という明るさは一切なく、人生に絶望し生きる意味を見失った少年の姿がリアルに描かれています。境遇は全く違うにしろ、現代の若者の心の闇をうまく捉えているように感じました。多くの若者が将来の夢も抱くこともできず、周りに流されてたんたんと毎日を生き、生きる意味も充実感も見出せないまま日常を送っていると思いますが、若者だけでなくて社会人である我々にも当てはまる部分がたくさんあると感じました。

   登場人物もイジメラレて歪んだ感情を持ったものや、金欲や支配欲に魅せられているものや、よく人を観察しているなあと人物設定には感心させられました。主人公も人生を諦めている割には、しっかりと性欲はあり何度かセックスするシーンがあるあたりに、余計にリアルさを感じました。このまんがには、暴力描写もあり、自分の都合だけを考えて行動する人間の心の内も巧妙に表現していると思いました。

   たった4巻で完結してしまう作品ですが、その内容はとても深くまた読み返したいと思う作品であります。読んだ後で知ったのですが、作者の古谷実氏は、「行け!稲中卓球部」に代表されるギャグ漫画を得意とする人物なのですが、この「ヒミズ」は古谷氏が初めてシリアスな表現に挑んだ意欲作なのだそうです。

↓漫画に関連する人気サイトはこちら↓
  
| manga0 | 職業・業界 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
キャッシング